実大実験@北海道能開大

―製材所社屋を建てる―

2020年11月6日~7日

自分たちの使っている、あるいは作っている、道産材のことを知ろうと、大工の木村さんを中心に有志が集まり、北海道職業能力開発大学校で実大実験を行いました。大工、製材、家具、設計、行政など幅広い分野から参加があり、大工塾OBの大工2名の参加もありました。

試験の種類は長ホゾ込栓の柱脚引抜試験のみ。樹種や乾燥方法の違いによって、強度や壊れ方がどのように違うか見てみようというもの。樹種は土台をカラマツ。柱はカラマツ、エゾマツ、道南スギの3種類。柱の乾燥方法を変え、7種類の試験体を各5体ずつ、総計35体を実施しました。

実際に壊れていく様子を目の当たりにして、皆さんそれぞれに、「作り、壊し、考え、また作る」のサイクルにスイッチが入った様子でした。これから建てられる新しい社屋にもスイッチが入りました。楽しみです。

伐採候補地を見に

―製材所社屋を建てる―

2020年10月19日

北海道・十勝にある製材所の社屋を建て替える計画がはじまりました。

社有林から伐り出したカラマツを構造材に使うため、候補となる伐採地を製材所の社長さんの案内で、大工さんと3人で見てまわりました。

カラマツ、トドマツ、ストローブマツ、雑木など、樹種ごとに地形図を色分けしてひと目でわかるようにしてあります。針葉樹だけでなく、広葉樹を主としたエリアもあります。

このカラマツは樹齢48年。十勝の主要な造林樹種はカラマツです。

夕方、雪虫がフワフワ飛んでいました。冬はもうすぐそこまで来ています。伐採は冬に行い、春になったら山から出すそうです。今回は「皆伐」ではなく、伐採する木を選びながら行う「択伐」を予定しています。